保湿がスキンケアの下地におすすめな理由♪

輝く女性

b肌.comのサイトへようこそ♪

今回は、化粧下地の要である保湿についておさらいしてみます!
意外と保湿について勘違いしている方って多いんですよね!
勉強する前のb肌もそうでした笑

 

是非このページで、
正しい保湿でトラブルに負けない肌土台を作りましょう♪
土台をしっかりしていないと、どんなケアをしても台無しになってしまいます。

 

正しい知識でしっかりとケアして貴女の美肌にお役に立てる内容間違いなし!
保湿バッチリなあなたはきっと輝きまくりです☆
羨望の眼差し光線を全身で受けて下さいね♪

 

正しい保湿って?保湿剤や美容液は必要なの?

保湿とは、文字通りに湿気を保つことです。
肌の保湿うるおいが失われると、肌のバリア機能が低下します。
それにより、肌荒れや老化の原因になってしまうのです。
つまり、保湿こそがスキンケアの要といえます。

 

よくある事ですが、保湿のために化粧水をたっぷりつける保湿は、
その場しのぎの応急処置のようなもの!
一時的にはしっとりしますが、時間が経てばすぐに乾燥する羽目に・・・

 

しっかりと肌をうるおすには、
ただ水分を入れるだけの保湿ではなく、
肌そのものを乾燥しにくい状態へ導く必要があります。

 

きっちりと保湿の事を学べば、
今までのケアが間違っていた事に気付く事があります。
正しい保湿について徹底的に学びましょう♪

 

☆\数々の賞を受賞/☆

 

保湿したつもりになっていませんか?

このサイトを立ち上げてから色々と相談を受けることもありますが、
保湿について正しい知識を持った方は非常に少ないように思います。

 

健康な肌の角質には、約20%~30%の水分が含まれていると言われています。
これが、20%を切った状態を『乾燥肌』と言います!
寒い時期など、湿度が50%以下になってしまうと、
角質の水分は蒸発しやすくなります。
肌が突っ張ったり、粉を吹いたりと自覚症状が現れた時には、
肌の水分量が10%以下なんてことも!

 

この水分量を維持するのが、保湿になります。
でも、この水分を保持する機能は人間に元々備わっている機能なんです♪
でも残念ながら、加齢と共にこの機能は低下・・・
それを補ってあげるのが、保湿ケアになるんですね♪

保湿=化粧水という概念は一度捨ててみませんか?

肌の水分といえば、化粧水を思い浮かべる方が多数だと思います。
しかし、水そのものを外側から補っても蒸発してしまえばそれまでです。
でも、乳液等でフタをすればいいのでは?と思う貴女!
実は油分の保湿力はさほど高くないと言われているの知っていましたか?
理由は、水分保持力のない油分を塗ってもその隙間から水分が逃げてしまうから!

 

本当の保湿とは、
体の外から取り入れるのではなく、
体の内側から湧き出てくる水分をいかに肌の中で保つか!
が最大のポイントになります。

 

皮膚科学的にみると間違った保湿の常識を並べてみました。

  • 肌がカサ付くときは化粧水をたっぷりとつける…
  • 化粧水はシートマスクで肌にじっくりと浸透させる…
  • 化粧水が蒸発しないように油分でフタをする…
  • テカリ肌・ニキビ肌なので保湿はしない…
  • うるおいを逃がさないように洗顔料はしっとりタイプ…

 

意外と間違ったケアをしていませんでしたか?
そんなこと知っていたっていう貴女は美肌の達人かもしれませんね!
正しいケアを再認識しましょう♪

肌がうるおっているってどんな状態なの?

うるおった肌は、正しい保湿ができている証拠です♪
そもそも肌がうるおった状態ってどのような状態を指すのでしょうか?

 

それは、肌自らが『保湿物質』を作り出して、
角質内に水分を蓄えておける状態のこと!

 

保湿物質がキチンと働いていれば、湿度が0%になっても水分は残ります。
保湿物質を作る力が弱まると肌は乾燥するのです。

保湿力の王様セラミド♪

角質の水分を守っているには数種類あります。

皮脂 2%~3%

天然保湿要因 16%~17%

セラミドなどの角質細胞間脂質 80%以上

これらがお互いを助け合いながら水分をキープしているのです。

セラミドなどの角質細胞間脂質が
80%以上と大部分を占めています。
この角質細胞間脂質が水分を守る、
最大のポイントとなることが分かりますね♪

 

本来は、脂質と水が結合することはありません。
しかし、セラミドは水と結合し、湿度が0%になっても蒸発せず、
マイナス20度になっても凍らないスゴイ性質なんです!

 

セラミドはありとあらゆる環境に対応する、保湿の王様なのです♪
以上のことから、セラミドをたっぷりと含んだ肌はうるおいに満ちた、
プルプルのお肌なのです♪

セラミドの説明

セラミドとは?

出典:DHC

保湿にはセラミド配合化粧品

角質の中で水分を保つ機能を発揮するセラミドですが、
年を重ねるごとにその量は減少していきます。
セラミドは、肌の新陳代謝の過程で作られるものなので、
年々減り続けてしまいます。

 

そしてセラミドをじかに飲んでもセラミドは増やせません。
加齢で減っていくセラミドを体内で作り出すことは困難なのです。
そこで注目したいのが、セラミド配合の化粧品になります!

 

これを使えば、確実に水分を増やすことができ、
乾燥知らずの美肌へと導いてくれます。

 

\99.5%がもう一度使いたいと回答!/

セラミド化粧品ってどうやって選べばいいの?

セラミドは水溶性ではないので化粧水ではなく、
美容液や乳液に配合されています♪

 

しかしセラミドと言っても色々な種類があり、
注意して選ぶ必要があります。
最近では、植物由来なども出てきています。
肝心なのは、肌に優しいではなくて、
人間の皮膚組織に近いかどうかです!

 

人間の皮膚組織には6種類のセラミドがあると言われています。
この中で特にすぐれているのが、
セラミド1.2.3になります。
このいずれかが入っている化粧品を参考に選ぶ基準にしてもいいですね。

 

あと、セラミドってとても高価なんです。
類似品も出回っているので、
購入するときは成分チェックは必ず行うようにしましょう!
セラミドが入っていても、
極端に安い化粧品だと微量しか入っていないなんて事も・・・
量や種類によりますが、
3000円以上が無難とされています。(トライアルセットは除く)

 

\セラミド2を配合/
【乾燥訴求】アヤナストライアルセット

主な保湿成分の種類

保湿成分にも色々な種類があります。
ここでは、主な種類の3種類をご紹介します♪

TYPE.1水分をはさみ込むタイプ 水分保持力★★★

このタイプは水分をサンドイッチ状にはさみ込みます。
代表的な成分はセラミドで水分保持力は最強クラスです♪

  • セラミド

細胞間脂質の約40%を占めています。
水分を強力にはさみ込んでキープし、
湿度が下がっても保持する保湿の王様です。

 

  • スフィンゴ脂質(スフィンゴリビット)
  • ステアリン酸コレステロール

セラミド以外の脂質間脂質で保湿力はセラミドより弱い。

 

  • 水素添加大豆レシチン

大豆から抽出される成分で、熱や酸に対する安定性が良い。
保湿力はセラミドより弱い。

 

TYPE.2水分を抱え込むタイプ 水分保持力★★☆

真皮にもともとある成分などがつかわれますが、
これらを肌に使った場合、真皮まで吸収されることなく、
角質内保湿として働きます。
水分を抱え込んだままキープしてくれ、
スキンケア以外にボディーケアや、
ハンドクリームなど配合されることが多いです♪

 

  • ヒアルロン酸

真皮にあるゼリー状の物質。
200倍~600倍の水分を蓄えることができ、
敏感肌の方でも使用しやすい。

 

  • コラーゲン

真皮では弾力を保つ働きを持っているが、
スキンケアとして使用する場合は保湿成分となる。
残念ながら、真皮まで吸収されることはない。

 

  • エラスチン

真皮にある物質で保湿力が強いので化粧品に配合されることもある。

 

  • ヘパリン類似物質

血液中にヘパリンという成分に水分含有力あることから、
類似の成分を保湿成分として応用したもので医薬品にも使用されている。

 

TYPE.3水分をつかむタイプ 水分保持力★☆☆

水分を吸湿する性質を持っている。
冬場などの湿度が低い時は保湿力が下がってしまいます。

 

  • 天然保湿因子

角質細胞内にある水溶性の成分で、
アミノ酸や尿素、PCA(ピロリドンカルボン酸)など、
約20種類の成分で構成されている。
保湿力はさほど強くないが、
サラッとしていて使用感がよいので化粧水によく配合されている。

 

  • PG(プロピレングリコール)、グリセリン、1.3BG(ブチレングリコール)

多価アルコール。吸湿性に優れており化粧品によく使用されている。
残念ながら、さほど保湿力は強くない。

 

セラミドのタイプ別の説明

セラミドのタイプ

出典:ヴェラ

保湿の盲点!美容液や化粧水は必要なの?

従来の保湿には間違った常識が多くあります。
信じて疑わなかった保湿の盲点を少し紹介しますね♪

 

  • 化粧水だけではバリア機能が働いてうるおわない!

化粧水の大部分が水であり、その水は肌の奥まで入っていきません。
これには理由があり、角質のバリア機能が働いているからなんです。
仮に浸透したとしても、角質の2~3層程度です。
これでは水分が蒸発してしまいキープは困難。
シートマスクで浸透させようとする方もいてますが、
保湿としての役割は皆無と言えます!

 

  • 化粧水をつけたあとしっとりするのは一時的!

化粧水をつけると肌表面が濡れて保湿した気分になります。
しかし、唇が乾いたときに舌で舐めてもすぐに乾燥しませんか?
一瞬うるおった感じになりますが、一時的なものです。
スプレータイプの化粧水をつける人もいてますが、
蒸発するときに肌の水分も奪ってしまいます。
化粧水の大半は水でできており、つけたあとは濡れますがすぐに蒸発します。
そして蒸発すると乾燥して・・・負のスパイラルへと・・・

 

  • 乳液でフタには落とし穴が!

いくら油分を塗ってもセラミドや水分保持力のある成分がなければ肌は乾きます。
なぜなら、水分保持力のない油分を塗ってもその隙間から水分が蒸発するから!
乳液は水分が約50%~70%と約10%~20%の油分とで構成されています。
そもそも水分の方が多いので蒸発を防ぐには物足りないと言わざる終えません。

 

しかし、セラミドや保湿成分が入った乳液なら話しは別です。
それは、乳液でフタをするとの意味合いではなく、
セラミド等で水分をキープすると言う働きがあるから!
水分をつかんで話さないと言うことが最重要です!

 

  • オイリー肌やニキビ肌に保湿は必要!

オイリー肌やニキビ肌の人は油分は必要ないと思い、
化粧水だけで済ましてしまう方が非常に多いです。
保湿を適当にしてしまうと水分まで不足することに!
水分が不足した肌は、テカリが目立つ上に角質のバリア機能が低下!
大人にニキビができやすくなってしまいます。

 

  • 洗顔料に配合された保湿成分は洗い流すので意味がない!

洗顔料にはしっとりタイプとさっぱりタイプがあります。
しっとりタイプには洗い流したあとに油分が残りしっとりと感じる仕組みです。
しかし、油分が残ると毛穴が詰まったりとトラブルも!
洗顔は汚れを落とす目的一本に絞るのが無難です!

 

正しい保湿を実践してみましょう♪

いかがだったでしょうか?

意外と保湿について勘違いしていること多くなかったですか?
正しい保湿ケアをするにも、
知識を身に付けてと身に付けないとでは、

大きく結果が変わってきます!
あなたも正しい保湿についてしっかりと身に付けて、
ぷるんぷるんのお肌になって下さいね♪

 

b肌のお気に入りは、
デパコスがお得に試せるポーラのモイスティシモがオススメです!
デパコスならではのテクスチャーと香りが素敵です♪

 

トライアルセットのレビューもしていますので、是非ご覧になって下さい!
ポーラのモイスティシモトライアルセットレビューはこちらから♪

 

あなたの美肌にお役に立てれば幸いです♪

 

☆\デパコスの高保湿トライアルセット/☆

☆\b肌イチオシ♪トライアルセットランキング/☆
新オルビスユー リニューアルしたトライアルセット♪

☆発売早々に数々のメディアに取り上げられ多くの受賞もあり!
☆特に化粧水が大人気で、大手コスメサイトでの口コミも高評価♪
☆今なら通常1,296円が1,000円でお試し!
☆さらに最高級の今治タオルもプレゼント中♪

ディセンシア アヤナス トライアルセット♪

☆セラミドナノスフィアが肌の奥まで浸透!
☆ストレスによるダメージを内側からケア!
☆ポーラR&M研究所が厳選した安全で効果的な成分だけを贅沢に使用!
☆リラックス効果を持つ2種の天然植物エキスが徐々に香りを増していく設計!
☆使用後でも30日以内なら返品OK!

ポーラ モイスティシモのトライアルセット

☆デパコスの王道のポーラモイスティシモです♪
☆高保湿でお肌の土台をしっかりケア♪
☆乾燥時期にピッタリのスキンケア♪
☆デパコスならではのテクスチャーと香りを楽しめます♪

スキンケア
b肌をフォローする
化粧品コスメのトライアルセットを自腹で徹底レビューブログ│b肌コム

コメント